メニュー資料室文学賞受賞作リスト>バンカレリーノ賞 オンライン書店

   やまねこ翻訳クラブ   バンカレリーノ賞受賞作品リスト
Premio Bancarellino

最終更新日 2021/07/12 2021の受賞作の情報を追加

バンカレリーノ賞について

 主催は本の町財団(Fondazione Citta del Libro [Fondazione Città del Libro])。1957年に設立され、1958年から受賞作を発表している。授賞式は毎年5月、トスカーナ州にある小さな町、ポントレーモリでおこなわれる。※2020年と2021年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、日程に変更が生じている。
 前年の1月1日から12月31日に初版が刊行された11歳〜13歳向けの読み物が対象で、翻訳作品も可。ただし、イタリアでの刊行時に作者が存命でなければならない。
 出版社から送られた作品のなかからテーマや文学的な質を考慮して選ばれた15〜20作品が、読書プロジェクト(Progetto Lettura)と呼ばれる取り組みの一環として、希望するイタリア国内の中学校に送付される。本を送られた学校の生徒たちは、個々の作品に評価をつけ、バンカレリーノ賞事務局に提出する。事務局が評価を集計し、上位5冊(出版社1社につき1冊のみ)が候補作として選出される。
 読書プロジェクト参加校の生徒で、授賞式当日ポントレーモリに来ることができ、学校からバンカレリーノ賞事務局に提出されたリストで本人確認できる子どもたちが、候補作のなかから受賞にふさわしいと思う本に記名投票し、受賞作が決定する。

※イタリアの学校制度では、小学校5学年(6歳〜10歳)、中学校3学年(11歳〜13歳)、高校5学年(14歳〜18歳)となっている。義務教育は10年間(16歳まで)。

参考 : 公式ウェブサイト