やまねこ翻訳クラブ 児童書関連イベント情報掲示板
この掲示板は、閲覧専用です。
一般のかたの書き込みはできません。

★掲載しているイベントは、諸事情により延期・中止等の場合があります。残席状況を含め、最新の情報は各参考ウェブサイトでご確認ください。★
2 / 85 ページ ←次へ | 前へ→

【1680】「宮城県美術館所蔵 絵本原画の世界2022...
 イベント情報管理人  - 22/4/20(水) 11:56 -

引用なし
パスワード
  
新潟市美術館

 「宮城県美術館所蔵 絵本原画の世界2022」

「ぐりとぐら」、「はじめてのおつかい」など、世代を超えて愛されるタイトルを数多く生み出してきた月刊絵本「こどものとも」。
 本展では、宮城県美術館が所蔵する約550タイトルの絵本原画の中から、「こどものとも」草創期に関わる重要な作品や人気作はもちろん、今回初めて展示するものや新潟県ゆかりの作家の作品を展示します。子どもだけでなく大人にも広く親しまれる、今日の絵本文化の歩みと原点を私たちに伝えてくれることでしょう。【出品予定作家】全35人

会 期:2022年4月9日(土)〜2022年5月22日(日)
時 間:9:30〜18:00(観覧券販売は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(ただし4月25日、5月2日は開館)
会 場:新潟市美術館 企画展示室
    新潟市中央区西大畑町5191-9
    TEL:025-223-1622/FAX:025-228-3051
観覧料:一般1,200円(900円)、大学生・高校生900円(700円)、中学生以下無料
    ※障がい者手帳・療育手帳をお持ちの方および一部の介助者は無料(受付でご提示ください)
    ※( )内は有料20名以上の団体料金
    ★夕暮れ割★ 平日午後3時以降に当日観覧券をお求めの方は団体料金でご覧になれます。


【関連イベント】

◯講演会「こどものとも」と宮城県美術館絵本原画コレクション

日 時:4月29日(金・祝) 14:00〜(約90分)
講 師:菅野仁美氏 (本展企画者、宮城県美術館 研究員)
会 場:新潟市美術館 2階講堂  
受 付:30分前より先着50名
    ※要本展観覧券(半券可)

◯スライドトーク 学芸員と一緒に「絵本のえ」を見てみよう!

日 時:4月17日(日)・5月8日(日) 各日14:00〜(約30分)
講 師:新潟市美術館担当学芸員
会 場:新潟市美術館 2階講堂  
受 付:各回30分前より先着:50名
    ※聴講無料

◯イベント NST新潟総合テレビアナウンサーによる「ぐりとぐら」の読み聞かせ

日 時:4月24日(日) (1)13:30〜 (2)14:30〜
会 場:新潟市美術館2階講堂
受 付:各回30分前より先着30名
アナウンサー:杉山萌奈アナウンサー
    ※参加無料

参考:
http://www.ncam.jp
・ツリー全体表示

【1679】特別展「なばたとしたかこびとづかんの世...
 イベント情報管理人  - 22/4/20(水) 11:35 -

引用なし
パスワード
  
愛媛県歴史文化博物館

 特別展「なばたとしたかこびとづかんの世界展」

 こびと研究家でイラストレーターのなばたとしたかさんが描く絵本『こびとづかん』。2006年に刊行以来、多くの人々を惹きつけ、子どもから大人まで、多くの人を夢中にさせています。
 本展では、『こびとづかん』シリーズの原画と、制作の過程がうかがえるスケッチや試作本、著者がみずから立体化した「コビト」のフィギュアのほか、絵画や映像作品などを展示します。『こびとづかん』刊行から15年を記念した展覧会で「コビト」ワールドをぜひお楽しみください。

会 期:2022年4月16日(土)〜6月5日(日)
時 間:9:00〜17:30(入館は17:00まで)
休館日:4月25日(月)、5月6日(金)、5月9日(月)、5月16日(月)、5月23日(月)、5月30日(月)
会 場:愛媛県歴史文化博物館
    愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2
    TEL:0894-62-6222(代表)/FAX:0894-62-6161
観覧料:大人(高校生以上)1,000円[800円]、高齢者(65歳以上)600円[480円]、小・中学生500円[400円]
    ※[ ]内は20名以上の団体料金
    ※特別展観覧券で常設展もご覧いただけます。

参考:
https://www.i-rekihaku.jp
・ツリー全体表示

【1678】キム・ガウン展「旅がくれたおくりもの」...
 イベント情報管理人  - 22/4/19(火) 19:11 -

引用なし
パスワード
  
まなびあテラス

 東根アートプロジェクト2022
  キム・ガウン展「旅がくれたおくりもの」

 画家・絵本作家として、韓国、日本、イタリアなどで幅広く活躍しているキム・ガウン。その作品は、世界を旅して出会った人や地域とのつながりから創作され、「おくりもの」のように地域の人々に驚きと感動を与えてきました。そして、今回たどりついたのは「山形」。
 本展では、世界を旅して創作された絵本原画などの細密なペン画の秀作、山形を描いた新作と、その作品をCGアニメ化した「動く絵画」を発表します。また、空間をダイナミックに使った立体作品、美術館とまなびあ公園を結ぶ市民との共同制作作品、まなびあテラスとして初となる本格的な屋外アート展示をご覧いただきます。

会 期:2022年4月29日(金・祝)〜6月19日(日)
時 間:10:00〜18:00(最終入場17:30)
休館日:5月9日(月)、5月23日(月)、6月13日(月)
会 場:東根市公益文化施設まなびあテラス 特別展示室・市民ギャラリー・まなびあ公園
    山形県東根市中央南一丁目7-3
    電話:代表 0237-53-0223
観覧料:一般 500円、高校生以下 300円
    ※障がい者手帳をご提示の方とその付添者1名無料、未就学児無料

参考:
https://www.manabiaterrace.jp
・ツリー全体表示

【1677】西巻茅子展「ラララン ロロロン〜ちいさな...
 イベント情報管理人  - 22/4/1(金) 9:06 -

引用なし
パスワード
  
調布市文化会館たづくり

西巻茅子展 「ラララン ロロロン〜ちいさなひとたちありがとう」

 西巻茅子さんは1967年に絵本作家としてデビューして以来、数々の絵本を出版しています。本展では「わたしのワンピース」のリトグラフをはじめ、2019年出版の最新作『いえでをしたてるてるぼうず』の原画などをご紹介します。

会 期:2022年4月9日(土)〜6月5日(日)
時 間:10:00〜18:00
観覧料:無料
会 場:調布市文化会館たづくり 1階展示室
    東京都調布市小島町2-33-1
    電話 042-441-6150
休館日:4月25日(月)、26日(火)、5月23日(月)、24日(火)


【関連イベント】
 西巻茅子 講演会

 絵本作家の西巻茅子さんが、今までの絵本の制作秘話や子どもたちによせる思いについて語ります。

開催日:2022年5月21日(土)
時 間:13:30〜15:00(開場13:00)
会 場:調布市グリーンホール 大ホール
    東京都調布市小島町2-47-1
聴講料:無料

※未就学児不可(有料保育サービス有)/事前申込制
申込開始日:
 ちょうふアートプラス会員 4月13日(水) 9:00〜 
 一般           4月15日(金) 9:00〜
申込方法
 電話 TEL042-441-6150(受付時間9:00〜21:30)
 インターネット https://nishimakitalk.peatix.com/
  ※お申込みにはPeatixへの登録が必要です


参考:
https://www.chofu-culture-community.org/events/archives/8821
・ツリー全体表示

【1676】上野の森親子ブックフェスタ@上野
 イベント情報管理人  - 22/3/30(水) 10:23 -

引用なし
パスワード
  
上野恩賜公園

 上野の森親子ブックフェスタ

「上野の森 親子ブックフェスタ」は、2000年の「子ども読書年」の記念事業としてスタートしました。2020年、2021年は新型コロナウイルスの感染拡大にともない、上野恩賜公園での開催を見送りましたが、21回目となる2022年度は上野恩賜公園での開催を予定しています。
 子どもブックフェスティバル、作家のサイン会やイベント、講演会など、もりだくさんの内容です。

*講演会はそれぞれ要予約で、申し込みは4月11日(月)までです。
 詳細はホームページ(下記参考URL)をご覧ください。

開催日:2022年5月3日(火)〜5日(木)
時 間:10:00〜17:00
会 場:上野恩賜公園噴水池広場周辺および周辺施設

講演会についてのお問い合わせ:
「上野の森親子ブックフェスタ 講演会」係
E-mail:ueno☆jpic.or.jp
アドレスの☆マークを@に置き換えて送信ください。
※電話での申し込み・問い合わせは受付しておりません。あらかじめご了承ください。

参考、イベント内容詳細:
https://www.jpic.or.jp/ueno/
・ツリー全体表示

【1675】「がまくんとかえるくん」誕生50周年記念...
 イベント情報管理人  - 22/3/29(火) 17:53 -

引用なし
パスワード
  
市立伊丹ミュージアム

「がまくんとかえるくん」誕生50周年記念 アーノルド・ローベル展

 深い友情で結ばれたふたりのかえる「がまくんとかえるくん」は、シリーズ最初の本が出版されてから半世紀を経た今なお世界中で愛されています。生みの親であるアメリカの絵本作家アーノルド・ローベル(1933-1987)は、54年の短い生涯を閉じるまでの間に100冊もの絵本を世に送り出しました。ローベルを日本ではじめて本格的に紹介する本展では、エリック・カール絵本美術館との共同企画により、代表作である「がまくんとかえるくん」の全4冊をはじめ、『ふくろうくん』や『ローベルおじさんのどうぶつものがたり』など約30冊の絵本を、貴重な原画やスケッチ約200点とともに紹介します。あわせて、「つみきのいえ」で知られるアニメーション作家の加藤久仁生が、がまくんとかえるくんの日常を描いたアニメーション作品「一日一年」も特別上映します。

会 期:2022年4月22日(金)〜 6月5日(日)
時 間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
会 場:市立伊丹ミュージアム 展示室2・3・5
    兵庫県伊丹市宮ノ前2-5-20
    TEL 072-772-5959(代表)
休館日:月曜日(祝日の場合は開館、翌平日休館)
観覧料:一般1,000(900)円、大高生700(600)円、中小生400(300)円
※( )内は20名以上の団体料金
※兵庫県内の小中学生はココロンカード提示にて無料
※伊丹市内在住の高齢者割引有(平日は60歳以上、土日祝は65歳以上)

参考:https://itami-im.jp
・ツリー全体表示

【1674】舞台公演『がまくんとかえるくんとキミの...
 イベント情報管理人  - 22/3/27(日) 17:24 -

引用なし
パスワード
  
東リ いたみホール

 市立伊丹ミュージアム連携企画
 舞台公演『がまくんとかえるくんとキミのおはなし』

 みなさんに親しまれる「がまくんとかえるくん」シリーズ。俳優、音楽家、みんなで一緒に楽しめる舞台公演。キミも、がまくんとかえるくんの世界にいこうよ!

開催日:2022年5月15日(日)
時 間:開場14:30、開演15:00
会 場:東リ いたみホール 大ホール
    兵庫県伊丹市宮ノ前1丁目1番3号
    電話 072-778-8788
観覧料:一般2,500円、子ども1,500円(3歳以上有料、推奨年齢5歳以上)
    ※3歳未満、膝上鑑賞の場合は1名無料
    ※当日500円増(全席指定)

チケット販売:2022年3月25日(金)9:00〜
    東リいたみホール

問合せ:東リいたみホール(tel. 072-778-8788)

参考:
http://itami-cs.or.jp/itamihall/event/zisyu/2022/220515.html
・ツリー全体表示

【1673】ムーミンコミックス展@松山
 イベント情報管理人  - 22/3/27(日) 17:23 -

引用なし
パスワード
  
愛媛県美術館

ムーミンコミックス展

 トーベ・ヤンソン(1914−2001)は、1954年からイギリスの「イブニング・ニューズ」紙で、ムーミンのコミックス(マンガ)の連載を始めます。連載当初、弟のラルス・ヤンソンは主にセリフの英訳を担当しただけでしたが、しだいに絵はトーベ、あらすじをラルスが行うようになり、1960年以降はラルスが一人であらすじと作画も手がけました。通算20余年間にわたってコミカルでユーモラスなムーミンたちの姿を描いたコミックスが紙面をかざり、今日の揺るぎないムーミン人気が築かれました。本展では、その「ムーミン コミックス」に焦点を当て、キャラクター設定やスケッチ、原画など、日本初公開となる約280点を通して、ムーミンの豊かな世界を紹介します。

会 期:2022年4月2日(土)〜5月29日(日)
時 間:9:40〜18:00(入場は17:30まで)
会 場:愛媛県美術館
    愛媛県松山市堀之内
    TEL:089-932-0010
休館日:4月5日(火)、4月11日(月)、4月18日(月)、4月25日(月)、5月9日(月)、5月16日(月)、5月23日(月) 

    ※5月6日(金)は特別開館(企画展以外はご覧いただけません。) 
観覧料:一般1,200(1,000)円、高大生800(6009円小中生600(400)円
    一般2枚ペアチケット 1,800円
    *( )内は前売りおよび20名以上の団体料金

参考:
https://www.ehime-art.jp/index.php
・ツリー全体表示

【1672】大阪国際児童文学振興財団国際講演会 「こ...
 イベント情報管理人  - 22/3/27(日) 17:21 -

引用なし
パスワード
  
**期間延長**

大阪国際児童文学振興財団オンライン国際講演会
「ことばを超えて−絵で物語る」

 2021年12月16日にオンラインで開催した、絵本作家デイヴィッド・ウィーズナーさんとショーン・タンさんの2時間程度の対談を字幕付きで配信します。エリック・カール・ミュージアムで行われた文字なし絵本の展示や、絵本の魅力について、自作について、画材や描き方、お互いへの質問などを自由にお話いただいています。

視聴期間:2022年3月26日(土)〜5月8日(日)、5月10日(火)〜6月12日(日)
 *期間が延長されました。
 *5月8日までに申し込まれた方も、延長期間中は視聴できます。
対 象:どなたでも
視聴料:1300円
申込方法:外部決済システム「Peatix」
     イベントページ https://wiesner-tan.peatix.com から

参考:
http://www.iiclo.or.jp/03_event/02_lecture/index.html#beyondwords
・ツリー全体表示

【1671】きかんしゃトーマス展〜ソドー島のなかま...
 イベント情報管理人  - 22/3/27(日) 10:44 -

引用なし
パスワード
  
岡山シティミュージアム

 きかんしゃトーマス展〜ソドー島のなかまたちが教えてくれたこと〜

 世界中のこどもたちに愛されている「きかんしゃトーマス」の原作、『汽車のえほん』シリーズが出版されてから 75 周年を記念した原画展を開催しています。絵本の挿絵原画や原作者ウィルバート・オードリー牧師の直筆草稿、撮影に使われた模型など貴重な資料を展示。さらに、おはなしの名シーンを再現したソドー島のジオラマも登場。親子でトーマスの世界をお楽しみいただけます。

会 期:2022年3月26日(土)〜5月8日(日)
時 間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
会 場:岡山シティミュージアム 4階企画展示室
    岡山市北区駅元町15-1 リットシティビル南棟4・5階
    電話 086-898-3000
休館日:月曜日。ただし5月2日(月曜日)は開館
観覧料:一般・高校生1,000円、小・中学生800円、3歳以上小学生未満 600円

参考:
https://www.city.okayama.jp/okayama-city-museum/
・ツリー全体表示

【1670】こぐまちゃんとしろくまちゃん 絵本作家・...
 イベント情報管理人  - 22/3/23(水) 20:13 -

引用なし
パスワード
  
ひろしま美術館

 こぐまちゃんとしろくまちゃん
  絵本作家・わかやまけんの世界

「こぐまちゃんえほん」を描いた、絵本作家・わかやまけん(若山 憲、1930-2015)の創作の全貌を紹介するはじめての展覧会です。本展では、1970年に誕生した「こぐまちゃんえほん」シリーズから『こぐまちゃんおはよう』『しろくまちゃんのほっとけーき』などの初公開を含むリトグラフを一挙に公開します。また、若山の代表作である『きつねやまのよめいり』「おばけのどろんどろん」シリーズなど、「こぐまちゃんえほん」とは大きく作風が異なる絵本のリトグラフと原画も展示します。

会 期:2022年3月19日(土)〜5月15日(日)
会 場:ひろしま美術館
    広島県広島市中区基町3-2 中央公園内
    電話082-223-2530
時 間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:会期中無休
観覧料:一般1300(1100)円、高大生1000(800)円、小中生500(300)円
    *( )内は20名以上の団体料金

参考:https://www.hiroshima-museum.jp
・ツリー全体表示

【1669】出版120周年 ピーターラビットTM展@世田...
 イベント情報管理人  - 22/3/21(月) 17:26 -

引用なし
パスワード
  
世田谷美術館
 出版120周年 ピーターラビットTM展

 今なお世界中で愛され続けるいたずら好きなうさぎ、ピーターラビットTM。1902年に観光されたシリーズ最初の絵本『ピーターラビットのおはなし』は2022年に出版120周年を迎えます。
 本展はそのメモリアルイヤーをお祝いして、ピーターラビットの誕生前夜から今日に至るまでの歩みを、物語の原点となった絵手紙や貴重な彩色原画など約170点で振り返ります。

会 期:2022年3月26日(土)〜6月19日(日)
会 場:世田谷美術館1階展示室
    東京都世田谷区砧公園1−2
    電話03-3415-6011
時 間:10:00〜18:00(入場は17:30まで)
休館日:毎週月曜日
    ※ただし、5月2日(月)は開館。
観覧料:一般1,600円、65歳以上1,300円、大高生800円、中小生500円、未就学児無料
    ※( )内は前売および20名以上の団体料金。
    ※障がい者の方は500円。ただし小・中・高・大学生の障がい者は無料、介助者(当該障がい者1名につき1名)は無料。

*新型コロナウイルス感染症対策のため、会期中の土日・祝休日および5月2日(月)は、日時指定券を販売いたします。予定枚数に達し次第、販売終了となりますので、事前のご購入をお勧めいたします。

*インターネットでのご購入が難しい方、また、各種割引をご利用の方は、ご来場当日分に限り、美術館窓口でご購入いただけます。ただし、ご来場時に予定枚数が終了している場合がございます。

参考、チケット購入情報:
https://peter120.exhibit.jp
・ツリー全体表示

【1668】つくる・つながる・ポール・コックス展@岡...
 イベント情報管理人  - 22/3/21(月) 16:59 -

引用なし
パスワード
  
イルフ童画館
 つくる・つながる・ポール・コックス展

 フランスを中心に世界で活躍するポール・コックス(Paul Cox 1959-)は、絵画、グラフィックデザイン、舞台美術をはじめ、多くの分野で才能を発揮し、日本に於いても広告や絵本などの仕事を通して幅広いファンの支持を得ています。本展の構想は2019年にスタートし、パンデミックのために展覧会の延期も考えられましたが、「制限から創造が生まれる」というコックス氏の座右の銘のもとに本企画展が実現しました。
 本展では、近年取り組んでいる風景画の連作、劇場ポスターなどのグラフィックデザイン、さらには絵本の仕事を含め、多数の作品や資料をご覧いただきます。

会 期:2022年3月26日(土)〜6月6日(月)
時 間:9:00〜18:00(入館は17:30まで)
会 場:イルフ童画館 2階企画展示室
    長野県岡谷市中央町2-2-1
    TEL 0266-24-3319
休館日:水曜日(ただし5/4は開館)

参考:https://www.ilf.jp
・ツリー全体表示

【1667】堀内誠一 絵の世界@静岡
 イベント情報管理人  - 22/3/20(日) 18:01 -

引用なし
パスワード
  
ベルナール・ビュフェ美術館
 堀内誠一 絵の世界

 2022年、生誕90年を迎えることを記念して開催する、堀内誠一の画業全般を回顧する展覧会です。本展では伝説のアートディレクターであり、デザイナーであり、絵本作家でもあった堀内の「絵の世界」に注目します。初公開となる10代の時に描いた油絵作品などを出発点に、絵本の原画、デザインにおける作画、雑誌のためのカットなど、堀内の創作の原点ともいえる「描くこと」をひもときます。ときに愛らしく、ときに鋭くアヴァンギャルドな堀内誠一の絵の世界をどうぞお楽しみください。

会 期:2022年3月19日(土)〜7月25日(月)
時 間:10:00〜17:00(入館は閉館の30分前まで)
会 場:ベルナール・ビュフェ美術館
    静岡県長泉町東野クレマチスの丘515-57
    電話 055-986-1300
休館日:水・木曜日(ただし、3月24、31日、5月4・5日は開館)
観覧料:大人1,000(900)円、高・大学生500(400)円、中学生以下無料
    ※( )内は20名以上の団体料金

参考:https://www.clematis-no-oka.co.jp/buffet-museum/
・ツリー全体表示

【1666】第2回つーほんウェビナー 「金原瑞人の翻...
 イベント情報管理人  - 22/3/16(水) 9:47 -

引用なし
パスワード
  
第2回つーほんウェビナー
「金原瑞人の翻訳エクササイズ 入門編」

 季刊『通訳・翻訳ジャーナル』が主催するセミナーシリーズです。
 今回は、これまでに共訳を含め600冊近くの訳書を手がけてきた、翻訳家の金原瑞人先生による翻訳入門講座です。参加者の方には事前に課題テキスト(英文)を配布し、訳文を募集いたします。お送りいただいた訳文は、ウェビナーで紹介させていただく場合も。視聴だけの参加も歓迎です。


講 師:金原瑞人氏(翻訳家、法政大学社会学部教授)
開催日:2022年4月17日(日)
時 間:15:00〜17:00 (Zoomの入室開始 14:50〜)
形 式:Zoomウェビナーによるオンライン配信
    *アーカイブ配信あり(参加者限定・10日間を予定)
参加費:3,000円(税込)
申込方法:Peatixにて決済
申込締切:2022年4月16日(土)12:00

詳細・申込み:https://tsuhon02.peatix.com/
・ツリー全体表示

【1665】「世界の子どもの本展」@神田神保町
 イベント情報管理人  - 22/3/8(火) 21:28 -

引用なし
パスワード
  
出版クラブライブラリー
「世界の子どもの本展」

 2020年IBBYオナーリストに選ばれた世界の優れた児童書と、国際アンデルセン賞・作家賞のジャクリーン・ウッドソン(アメリカ)、同画家賞のアルベルティーヌ(スイス)の作品を展示します。世界60カ国から約200冊、いずれも直接手にとってご覧いただけます。本を通して世界をめぐる旅を楽しみませんか。

会 期:2022年3月8日(火)〜4月28日(木)予定
時 間:10:00〜18:00
会 場:出版クラブビル 3階クラブライブラリー
    東京都千代田区神田神保町1-32
休館日:毎週土曜・日曜、祝日
入場料:無料

参考:
https://jbby.org/news/domes-news/post-13046
・ツリー全体表示

【1664】読書探偵作文コンクール2021年度最優秀作...
 イベント情報管理人  - 22/3/4(金) 14:30 -

引用なし
パスワード
  
オンライントーク
 読書探偵作文コンクール2021年度最優秀作品を選考委員が語る!

 昨年の夏に好評を博したオンラインイベントを、今年も開催します!
ぜひご参加ください。

開催日:2022年3月27日(日)
時 間: 午後2時から3時20分ごろまで
形 式:YouTube ライブ
*どなたでも無料で視聴できます。
*当日は以下のリンクにアクセスしてください。
*後日、録画も公開します。

https://youtu.be/9zqpJtqFeTA

出 演:越前敏弥、ないとうふみこ、宮坂宏美(以上、小学生部門最終選考委員)
    金原瑞人、田中亜希子(以上、中高生部門最終選考委員)

参考:
https://note.com/dokutan/
・ツリー全体表示

【1663】宮城県美術館所蔵 絵本原画の世界2022@...
 イベント情報管理人  - 22/3/1(火) 16:33 -

引用なし
パスワード
  
宮城県美術館所蔵 絵本原画の世界2022

 1956年に創刊した月刊絵本「こどものとも」は、子どもが最初に出会う絵本にこそ芸術性の高い絵をとの思いから洋画家や日本画家、彫刻家、デザイナー、漫画家など、幅広い分野の作家たちから絵を求めました。
 2002-03年と2013年の同題の展覧会に続く本展では、「こどものとも」の初期の絵本原画を核とする宮城県美術館の絵本原画コレクションの中から、「こどものとも」を語るに欠かせない人気作はもちろん、初出品作も多数含む、34作家の52タイトル、約360点の絵本原画を展示します。


会 期:2022年2月5日(土曜日)〜3月27日(日曜日)
会 場:宮城県美術館
    仙台市青葉区川内元支倉34-1
    電話 022-221-2111
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)
時 間:9:30〜17:00 ※チケット販売は16:30まで
入場料:一般900(700)円,学生700(500)円,高校生以下無料
    ※( )内は20名以上の団体料金
    
参考:
http://www.pref.miyagi.jp/site/mmoa/
・ツリー全体表示

【1662】講演会 「雑誌『赤い鳥』に集った青年たち...
 イベント情報管理人  - 22/2/26(土) 16:50 -

引用なし
パスワード
  
半田市福祉文化会館

貝殻忌講演会
「雑誌『赤い鳥』に集った青年たち ―新美南吉と森三郎を中心に―」

 3月22日、南吉は79回目の命日を迎えます。半田市では南吉の命日を「貝殻忌」と呼んで、毎年さまざまなイベントを行なっています。
『赤い鳥』は、特に昭和期において南吉や坪田譲治など新人作家を育てる場となりました。刈谷市出身の森三郎もその一人であり、鈴木三重吉のもとで童話修行に励みながら、編集者として雑誌の終刊にも立ち会った人物です。愛読者であった幼少期から、戦後の証言者としての仕事に至るまで、『赤い鳥』と共にあったその生涯を紹介するとともに、南吉と三郎、さらには彼らと近しかった青年たちに着眼しながら、同誌がつないだ縁やその意義について考えます。

講 師:酒井晶代氏(愛知淑徳大学教授)
開催日:2022年3月21日(月・祝日)
時 間:14:00〜16:00
会 場:半田市福祉文化会館(雁宿ホール)講堂
    愛知県半田市雁宿町1丁目22番地の1
定 員:100名(入場無料・予約者優先)*感染対策のため、定員変更
申し込み:2月19日(土曜日)9時30分から新美南吉記念館へ(電話 0569-26-4888)

参考:
新美南吉顕彰会(新美南吉記念館)
http://www.nankichi.gr.jp/index.html
・ツリー全体表示

【1661】チェルビアット絵本店 絵本翻訳の裏話9 ...
 イベント情報管理人  - 22/2/26(土) 14:39 -

引用なし
パスワード
  
チェルビアット絵本店オンラインイベント

 絵本翻訳の裏話9 いたばし国際絵本翻訳大賞の裏話

 いたばし国際絵本翻訳大賞のイタリア語部門の『すてきってなんだろう?』(きじとら出版)で大賞を受賞された あべけんじろうさん、あべなおさん、そして『どれもみーんなアントニオ!』(山烋)で大賞を受賞された ふくやまよしこさんと、オンライン対談を行います。また、『おやすみなさいトマトちゃん』(きじとら出版)を訳されたイタリア在住の ほしあや さんの事前アンケートのご回答を、チェルビアット絵本店の店主が代わりにお話しします。
 普段なかなか聞くことのできない「いたばし国際絵本翻訳大賞の受賞者の方々の生の声」です。
 ご予約頂いた方のみ限定の後日閲覧可能な動画も準備予定です。

開催日:2022年3月4日(金)
時 間:10:30〜12:00
司 会:チェルビアット絵本店店主 四方 実 氏
開催方法:ZOOM
聴講費:無料
申し込み:下記参考サイト掲載の応募フォームより

参考:
http://blog.livedoor.jp/cervietto_minoru/archives/1080196766.html
・ツリー全体表示

2 / 85 ページ ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:  
29564
(SS)C-BOARD Legacy v0.95.06 beta
ぞんちブラの設定
サーバ:www.yamaneko.org
cgiディレクトリ:/cgi-bin/sc-board/
ZS_ID:event