イベント情報
この掲示板は、閲覧専用です。
一般のかたの書き込みはできません。
1 / 57 ページ 前へ→

【1142】JBBY新・編集者講座@東京
 イベント情報管理人  - 17/9/5(火) 0:27 -

引用なし
パスワード
  
JBBY新・編集者講座 第3期

 2015年から始まったJBBYの新・編集者講座を今秋も開催します。

 第3期のテーマは、
  「子どもの本の冒険――その可能性を求めて!」

 停滞する出版業界の中で大健闘している子どもの本ですが、1960年代、1970代の活気にはまだまだ及ばないのが現状です。次の世代に向けて、新しい冒険的見地に立った企画力が必要になっています。第3期の新・編集者講座では、独自の切り口で作品を送り出し続けているみなさんを講師に迎え、子どもの本にまだまだ残されている「可能性」の余地に切り込む挑戦的な編集を考えていきます。

第1回 9月20日(水)
「児童書の編集者に期待したいことは?」
講師:さくまゆみこさん(翻訳家・編集者)

第2回 10月4日(水)
「ドキュメンタリーと子どもの本の可能性は?」
講師:本橋成一さん(写真家)

第3回 10月25日(水)
「児童書のブックデザイナーとしてのこだわりとは?」
講師:城所 潤さん(装丁家)

第4回11月8日(水)
「編集者から学んだこと、刺激されたこと」
講師:今森光彦さん(写真家)

時 間:18:30〜20:30(開場18:00)
会 場:小学館本社ビル2階講堂
    東京都千代田区一ツ橋2-3-1
定 員:50名 ※要申込
参加費:各回 ※事前振込
    JBBY個人正会員・法人会員に属する方 2,400円
    JBBY個人賛助会員 2,700円
    一般 3,000円
問 合:JBBY事務局まで
    Tel:03-5228-0051 Mail:kodomo2017@jbby.org

申 込:参考サイトよりちらし裏面をご覧いただき、必要事項をご記入の上、FAXかE-mailで下記宛にお送りください。
    会場案内、参加費振込先などをメールでお知らせします。
     E-mail:kodomo2017@jbby.org
     Fax:03-5228-0053

※各回終了後には講師を交えて懇親会を開きます。参加ご希望の方は併せてお知らせください。(会費3,000円程度)

参考:
http://jbby.org

・ツリー全体表示

【1141】第16回 国際グリム賞 記念講演会@大阪
 イベント情報管理人  - 17/9/3(日) 16:46 -

引用なし
パスワード
  
大阪国際児童文学振興財団
 第16回 国際グリム賞 記念講演会 「児童文学をよむ−ジェンダー、パワー、ケアの倫理の視点から」

大阪国際児童文学振興財団が、児童文学界で国際的な貢献をした研究者に贈る「国際グリム賞」。
今年の受賞者である、ロバータ・シーリンガー・トライツ博士(アメリカ・イリノイ州立大学教授)を講師に迎え、「人魚姫」(アンデルセン)や「崖の上のポニョ」(宮崎駿)などの子ども向けの物語をフェミニズム理論である「ケアの倫理」で読み解きます。

日 時:平成29年10月1日(日)
    14:00〜14:30 贈呈式
    14:40〜17:00 記念講演会
会 場: 國民會館 武藤記念ホール
    大阪市中央区大手前2-1-2
講 師:ロバータ・シーリンガー・トライツ博士(アメリカ・イリノイ州立大学教授)
通 訳:松下宏子さん(関西大学ほか非常勤講師)
参加費:無料
定 員:100名(申込先着順)
申 込: 当ホームページ「 参加申込 」から、または、電話、ファックスで。
    ・電話 06-6744-0581
    ・Fax  06-6744-0582
    
参 考:http://www.iiclo.or.jp
・ツリー全体表示

【1140】ビアトリクス・ポター (TM) 生誕150周年 ...
 イベント情報管理人  - 17/8/30(水) 22:48 -

引用なし
パスワード
  
名古屋市博物館

 ビアトリクス・ポター (TM) 生誕150周年 ピーターラビット (TM) 展

世界中の人から愛され続ける「ピーターラビット」。その作者ビアトリクス・ポター (TM) の生誕150周年にちなみ、絵本作家・自然保護活動家・農場経営者などとして活躍した彼女の人生に焦点をあて、『ピーターラビットのおはなし』の原点や絵本シリーズの世界観を紹介していきます。絵本シリーズの自筆原画、彼女を魅了した湖水地方のスケッチ、絵の具箱や机といった愛用品など208件の作品・資料を展示します。(主な展示資料はすべて英国ナショナル・トラスト所蔵)

会 期:平成29年9月16日(土)〜平成29年11月5日(日)
休館日:毎週月曜日・第4火曜日(祝日の場合は開館、その直後の平日休館)
    9/19(火)、25(月)、26(火)、10/2(月)、10(火)、16(月)、23(月)、24(火)、30(月)
時 間:9:30〜17:00(入場は閉館の30分前まで)
    ※9月30日(土)・10月1日(日)は9:30〜19:00
会 場:名古屋市博物館1階
    名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1
    電話 052-853-2655 FAX:052-853-3636
入場料:大人1300(1100)円、大高生900(700)円、中小生500(300)円、未就学児無料
    ※限定デザイン前売ペアチケット2,000円
    ※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金。前売りは9月15日(金)まで。
    ※名古屋市交通局の一日乗車券・ドニチエコきっぷを利用してご来館の方は100円割引き。
    ※身体等に障害のある方または難病患者の方は、手帳または受給者証のご提示により、本人と介護者2名まで当日料金の半額。
    ※各種割引は重複してご利用いただくことはできません。ご了承下さい。

参考:
名古屋市博物館 http://www.museum.city.nagoya.jp/index.php
「ピーターラビット展」公式サイト http://www.peterrabbit2016-17.com/
・ツリー全体表示

【1139】【コンテスト】「第24回いたばし国際絵本...
 イベント情報管理人  - 17/8/29(火) 11:31 -

引用なし
パスワード
  
「第24回いたばし国際絵本翻訳大賞」開催のお知らせ

 恒例の「いたばし国際絵本翻訳大賞」が今年も開催されます。
 詳細は以下のとおりです。

●課題絵本

英語部門
書名:「The Journey」
作・絵:Francesca Sanna

イタリア語部門
書名:「SOGNI D'ORO POMODORO」
作:Elisa Mazzoli
絵:Cristina Petit

●参加申込締切日
 平成29年10月31日(火)必着

 課題絵本の数に限りがあります(英語部門1,000冊、イタリア語部門300冊)。
 このため申込順とし、予定数がなくなり次第締切りとします。

●作品応募締切日
 2017年11月30日(木)当日消印有効

●審査員
英語部門
 三辺 律子 先生(英米文学翻訳家)
 冨田 麗子 先生(翻訳家・絵本翻訳講師)

イタリア語部門
 関口 英子 先生(翻訳家)
 副審査員 赤塚 きょう子 先生(翻訳家)

●賞
 最優秀翻訳大賞 (各部門1名)…賞金15万円
 優秀賞 (各部門1名)…賞金10万円
 特別賞 (各部門3名以内)…賞金2万円
 ※賞金は変更になる場合があります。

●参加費
 英語部門 3,300円  イタリア語部門 3,700円
(両部門とも課題絵本代・郵送料・消費税を含みます)

●定員
 英語部門 1,000人  イタリア語部門 300人

●応募資格
 言語を問わず翻訳作品を出版物として発表したことのない方。
 国内に課題絵本送付先住所をお持ちの方。(海外在住であっても国内に手続き代行者があれば応募できます。)
 共訳作品も応募できます。
 当コンテストで過去に大賞を受賞した方は別部門のみ応募できます。
 同一部門で複数の作品を応募することはできません。

●参加申込方法
 往復はがき又はメールに、必要事項【住所・氏名(ふりがな)・電話番号・希望する部門(英語部門・イタリア語部門・両部門)】 を記入して、下記<参加申込・応募・問合せ先>までお送りください。(往復はがきは返信用にも住所・氏名を記入してください。摩擦熱で消えるペンの使用はご遠慮ください。)
 事務局より、応募番号・参加費の入金方法を記載したはがき又はメールを返信しますので、参加費を入金してください。
 事務局で入金確認後、「課題絵本」・「応募要項」・「応募用紙」を郵送します。(入金確認後、発送までに一週間程度かかる場合があります。)

●作品応募方法
 A4用紙を使用して事務局に郵送してください。メールでの作品受付はしません。手書き、ワープロ、パソコンなどの指定はありません。
 詳細は課題絵本に同封する「応募要項」でご案内します。

●入賞者発表
 2018年2月下旬
 いたばしボローニャ子ども絵本館ホームページで発表します。
 応募者全員に入賞者一覧と全体の講評をお送りします。
 なお、個人の添削・講評はいたしませんので予めご了承ください。

●入賞作品の公開
 入賞作品は、いたばしボローニャ子ども絵本館内及び主催事業等で公開します。

●表彰式
 2018年8月予定

●入賞作品の著作権
 入賞作品の著作権・意匠に関する権利はすべて板橋区に帰属します。

●その他
 受賞作品の出版については、出版社の意向であり、受賞により出版が確約されるものではありません。
 同一部門で複数の作品を応募することはできません。
 個人情報の取り扱いについて、応募者の個人情報は、当コンテストの目的以外には使用しません。

●参加申込・応募・問合せ先
「いたばし国際絵本翻訳大賞」事務局
 〒112-0012 東京都文京区大塚3-1-1
 電話:03-5940-5610
 【土・日・祝日を除く10時から18時まで(12時〜13時を除く)】
 メール:itabashi-honyaku@trc-sp.jp

参考
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/002/002177.html
・ツリー全体表示

【1138】第3回絵本フェスタ川口@埼玉
 イベント情報管理人  - 17/8/29(火) 0:16 -

引用なし
パスワード
  
川口総合文化センターリリア
 
 第3回絵本フェスタ川口

「絵本フェスタ」は、「絵本をつくっている人」や「子育て中の世代」、「絵本が好きな人」はもちろんのこと、老若男女、だれもが参加して楽しい「えほんまつり」を目指します。
 いっしょに絵本を楽しみましょう♪
 絵本作家のサイン会、ハンドメイド小物やワークショップなど、約30ブースが出展します!

開催日:2017年9月30日(土)
時 間:10:30〜16:00
会 場:川口総合文化センターリリア 1階展示ホール
    埼玉県川口市川口3−1−1
入場料:無料

参考:
http://ehonfesta.com
・ツリー全体表示

【1137】リサとガスパール絵本原画展@山梨
 イベント情報管理人  - 17/8/27(日) 11:10 -

引用なし
パスワード
  
えほんミュージアム清里

 『リサとガスパール とうきょうへいく』刊行記念 リサとガスパール絵本原画展

本展では最新刊『リサとガスパール とうきょうへいく』のすべての原画と、シリーズの既刊作品から厳選した原画、合わせて約50点の絵本原画を、スケッチなどとともに展覧します。「リサとガスパール」シリーズ最新刊が原画で読める、見られる、ぜいたくなこの機会をどうぞお見逃しなく。

会 期:2017年7月15日(土)〜9月25日(月)
時 間:10:00〜17:30(入館受付は17:00まで)
入館料:一般 600円、小中学生 300円
    ※黒井健絵本ハウス共通割引券 1000円(共通割引券の販売は4〜11月)
休館日:火曜日(ただし8月29日は開館)
会 場:えほんミュージアム清里
     山梨県北杜市高根町清里3545-6079
     電話 0551-48-2220


【同時開催】開館20周年特別展示 ディック・ブルーナ

ブラック・ベアシリーズのポスターを中心に、シルクスクリーンなど約20点の作品を展覧します。

参考:
https://www.ehonmuseum.com
・ツリー全体表示

【1136】イブ・スパング・オルセンの絵本展@安曇野
 イベント情報管理人  - 17/8/26(土) 22:40 -

引用なし
パスワード
  
安曇野ちひろ美術館

<開館20周年記念 IV>
 日本デンマーク国交樹立150周年
  イブ・スパング・オルセンの絵本展

デンマークの国民的画家であり、国際アンデルセン賞画家賞を受賞した絵本画家でもあるイブ・スパング・オルセン。昨年コペンハーゲンで開催された彼の回顧展に出品された作品のなかから、『つきのぼうや』『アンデルセン童話』などの絵本の原画を中心に、ポスター、アニメーションなどを展示し、その魅力を紹介します。

期 間:2017年9月16日(土)〜11月7日(火)
時 間:9:00〜17:00
会 場:安曇野ちひろ美術館
    長野県北安曇郡松川村西原3358-24
    電話 0261-62-0772
休館日:9/27(水)
観覧料:大人800円 高校生以下無料
    団体(有料入館者20名以上)、65歳以上の方、学生証をお持ちの方は100円引
    *障害者手帳をご提示の方は400円・介添えの方は1名まで無料
    *視覚障害のある方は無料

参 考:http://www.chihiro.jp/azumino/
・ツリー全体表示

【1135】シンポジウム「子どもの本の視点から震災...
 イベント情報管理人  - 17/8/26(土) 20:15 -

引用なし
パスワード
  
岩手県立図書館

 シンポジウム「子どもの本の視点から震災を振り返る」
 
児童文学作家らが、東日本大震災についての想いをパネルディスカッションにて語り合います。

パネリスト: ※50音順
アーサー・ビナード氏 (詩人、随筆家、翻訳家)
柏葉幸子氏 (児童文学作家)
濱野京子氏 (児童文学作家)

コーディネーター:野上暁氏 (児童文学・文化評論家)

日 時:平成29年9月24日(日)  14:00〜16:30(開場13:00)
会 場:岩手県民会館中ホール
    岩手県盛岡市盛岡駅西通1-7-1
    電話:019-606-1730/Fax:019-606-1731
定 員:400名
入場料:無料

【申込方法】
下記のいずれかの方法にてお申し込みください。(7月24日より受け付け開始)

・ 岩手県立図書館3階総合カウンターにて受け付け
・ 往復はがきによる受け付け ※9月15日当館必着
  住所、 氏名、 電話番号、 同行者氏名(3名まで) 、電話番号、 返信用はがき表面に宛先と宛名 以上を明記のうえ、お申し込みください。

参考:
http://www.library.pref.iwate.jp/index.html
・ツリー全体表示

【1134】やまねこ翻訳クラブ20周年記念ブックト...
 イベント情報管理人  - 17/8/26(土) 9:35 -

引用なし
パスワード
  
教文館ナルニアホール

 やまねこ翻訳クラブ20周年記念ブックトークの会

 やまねこ翻訳クラブ設立20周年を記念して、教文館ナルニア国で2回にわたってトークイベントが開催されます。

○第1回
日 時:2017年9月16日(土)午後2時〜3時30分
講 師:田中亜希子さん×ないとうふみこさん×宮坂宏美さん(英米文学翻訳家)
テーマ:ネット上のクラブからプロの児童書翻訳者へ

○第2回
日 時:2017年10月21日(土)午後2時〜3時
講 師:こだまともこさん×武富博子さん×相良倫子さん(英米文学翻訳家)
テーマ:クラブとのかかわり、児童書や翻訳のこと

いずれも会場、定員、申込方法は下記の通り。

会 費:1,000円
定 員:40名
会 場:ナルニアホール
    東京都中央区銀座4-5-1
    TEL:03-3563-0730

【申込方法】
参加ご希望の方はナルニア国へお電話ください。
定員になり次第、受付を終了いたします。
申込み電話番号:03-3563-0730(午前10時〜午後8時)
※受付は実施月の1日からお電話にて開始いたします。
※1コール1名様のみ

参考:
http://www.kyobunkwan.co.jp/narnia/
・ツリー全体表示

【1133】絵本『いっぽんのせんとマヌエル』著者来...
 イベント情報管理人  - 17/8/25(金) 19:09 -

引用なし
パスワード
  
教文館ナルニア国
 
 絵本『いっぽんのせんとマヌエル』著者来日記念トーク
  “ピクトグラムと絵本”(通訳あり)
 
この絵本は、著者のマリアさんが「線」の好きな自閉症の男の子マヌエルくんと知り合ったことによって生まれた絵本です。日本版には、文字やお話の内容の理解の助けとなる「ピクトグラム」がついています。ピクトグラムがついたチリの絵本が日本で出版されるのは初めてです。
絵本のイラストを描かれたパトリシオさんご自身による「ピクトグラム」は、大変ユニークなものです。このピクトグラムを監修してくださった藤澤和子先生をお迎えしての3人のトークショーを開催します。

講 師:『いっぽんのせんとマヌエル』著者 マリア・ホセ・フェラーダさん
    『いっぽんのせんとマヌエル』画家 パトリシオ・メナさん
    ピクトグラム監修/大和大学保健医療学部教授 藤澤和子さん
日 時:2017年9月8日(金) 午後6時〜8時
会 場:教文館6階ナルニア国内 ナルニアホール
    東京都中央区銀座4−5−1
    電話:03-3563-0730
定 員:40名 ※大人対象です
参加費:無料

【申込方法】
参加ご希望の方はメールかお電話でナルニア国ご連絡ください。
定員に達した時点で受付を終了いたします。

・申込み電話番号:03-3563-0730(午前10時〜午後8時)
※1コール1名様のみ

・申込みメールアドレス:narnia@kyobunkwan.co.jp
件名:『いっぽんのせんとマヌエル』著者来日記念トーク参加希望
本文:参加者のお名前・電話番号
※参加者ご本人からのメールのみ可/1メールにつき1名のみ

【メールでお申し込みの方、ご注意ください!】
送信から3日以内に返信が届かない場合は受付が完了しておりませんので、お電話にてお問い合わせください。

*「ピクトグラム」ってなに?
ピクトグラムとは視覚言語の1つで、「絵文字」「絵で表す言葉」「図記号」とも呼ばれています。何らかの情報や注意を示すために表示されるサインの一つで、よくみる非常口のマークなどがその代表です。文字による文章で表現する代わりに、視覚的な図で表現することで、言語に制約されずに内容の伝達を行うことができます。

参考:
http://www.kyobunkwan.co.jp/narnia/
・ツリー全体表示

【1132】展覧会「絵と言葉のまじわりが物語のはじ...
 イベント情報管理人  - 17/8/25(金) 18:54 -

引用なし
パスワード
  
太田市美術館・図書館

 本と美術の展覧会vol.1「絵と言葉のまじわりが物語のはじまり〜絵本原画からそうぞうの森へ〜」

本展は、美術館と図書館の複合施設である太田市美術館・図書館が、本と美術の多様なかかわりをテーマとして継続的に実施する<本と美術の展覧会>第一弾です。初回は、絵本・児童書を重点的に収集している本館として、絵本原画を出発点に、絵と言葉の想像力=創造力をめぐる展覧会を実施します。

会 場:太田市美術館・図書館 展示室1・2・3・スロープ他
    群馬県太田市東本町16番地30
    TEL 0276-55-3036
会 期:2017年8月4日(金)〜10月22日(日)
休館日:月曜日(ただし、9月18日と10月9日は祝日のため開館し、翌日火曜日休館)
観覧料:一般500(400)円、学生および65歳以上400円、中学生以下無料
    ※( )内は20名以上の団体及び太田市美術館・図書館カード、「ふらっと両毛 東武フリーパス」をお持ちの方。
    ※身体障がい者手帳、精神障がい者保険福祉手帳、療育手帳の交付者及びその付添人1人は無料。
    ※おおた家庭の日(第1日曜日)は中学生以下の子ども同伴の家族無料。

参考:
http://www.artmuseumlibraryota.jp
・ツリー全体表示

【1131】スウェーデン児童文学の魅力〜ニルスやピ...
 イベント情報管理人  - 17/8/18(金) 18:10 -

引用なし
パスワード
  
NHK文化センター青山教室
 スウェーデン児童文学の魅力〜ニルスやピッピがいる世界〜

 北欧スウェーデンは児童文学の宝庫です。
 アストリッド・リンドグレーンの代表作「長くつ下のピッピ」、ノーベル文学賞受賞セルマ・ラーゲルーヴの作品「ニルスのふしぎな旅」をはじめ、国民的絵本作家エルサ・べスコフや現代作家など、スウェーデン社会の多様性の影響を受けたオリジナリティあふれるスウェーデン児童文学の魅力を、多くの翻訳を手がけた菱木晃子さんが解説します。

開催日:2017年9月7日、14日、21日、28日、10月5日、12日(いずれも木曜)
時 間:15:30〜17:00(9月28日のみ17:30まで)
講 師:菱木 晃子(スウェーデン語翻訳家)
会 場:NHK文化センター青山教室
    東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館4階
    電話03-3475-1151

*通期、途中から、あるいは1回でも受講できます。

*この講座の内容は、編集後、NHKラジオ第2で放送される予定です。
 期間:2017年10月5日〜12月28日(毎木曜日)
 時間:20:30〜21:00

申し込み・詳細:
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1128971.html
・ツリー全体表示

【1130】やまねこ翻訳クラブ20周年記念トークイ...
 イベント情報管理人  - 17/8/17(木) 16:50 -

引用なし
パスワード
  
丸善丸の内本店

 やまねこ翻訳クラブ20周年記念トークイベント

 やまねこ翻訳クラブ設立20周年を記念して、丸善丸の内店で3回にわたってトークイベントが開催されます。


〜大人のための児童書の夕べ 第17回〜
  ないとうふみこさん×宮坂宏美さん×平野麻紗さんトークイベント
    〜やまねこ翻訳クラブってなんだ?〜

 日 時:2017年9月29日(金)19:00〜


〜大人のための児童書の夕べ 第18回〜
  西崎憲さん×田中亜希子さん×ないとうふみこさんトークイベント
    〜西崎憲さんとやまねこたちの意外な関係〜

 日 時:2017年10月6日(金)19:00〜


〜大人のための児童書の夕べ 第19回〜
  金原瑞人さん×田中亜希子さん×宮坂宏美さんトークイベント
    〜金原瑞人さんとやまねこたちの意外な関係〜

 日 時:2017年10月13日(金)19:00〜


いずれも会場、定員、申込方法は下記の通り。


会 場:丸善・丸の内本店3F児童書売場特設会場
    東京都千代田区丸の内1-6-4 丸の内オアゾ
定 員:20名、要整理券(電話予約可)

○丸善・丸の内本店3Fレジカウンターにて、9月中旬ごろ開始予定の「やまねこ翻訳クラブ20周年記念ブックフェア」より1冊書籍をご購入でイベントに参加ご希望の先着20名様に整理券を配布いたします。
(整理券はご予約を承り、書籍をフェア開始からイベント当日までにお選びいただくこともできます。)

○整理券がなくなり次第、配布終了となります。

ご予約およびお問い合わせ:
 丸善・丸の内本店 和書グループ
  電話03-5288-8881(営業時間 9:00〜21:00)


参考:
https://honto.jp/store/detail_1572000_14HB310.html
・ツリー全体表示

【1129】にじいろのさかな原画展@名古屋
 イベント情報管理人  - 17/8/13(日) 23:31 -

引用なし
パスワード
  
ジェイアール名古屋タカシマヤ

 刊行25周年記念 
 にじいろのさかな原画展〜マーカス・フィスターの世界〜

にじいろに輝くうろこを持った美しい魚が、仲間とのふれあいを通じて思いやりの大切さを知り、幸せを見つける『にじいろのさかな』。大人もこどもも楽しめる絵と心あたたまるストーリーは、刊行以来25年、ますます人気を集めています。原画の展示を中心とした様々な企画で、フィスター作品の魅力をお楽しみください。

会 期:2017年8月16日(水)〜28日(月)
時 間:10:00〜20:00(最終日は17:00閉場)
    *ご入場は閉場の30分前まで
入場料: 一般800( 600)円、大学・高校生600(400)円、中学生以下無料
    *( )内は10名以上の団体料金
    *障害者手帳を提示いただいた本人及び同伴者1名は無料
会 場:ジェイアール名古屋タカシマヤ10階特設会場
     名古屋市中村区名駅一丁目1番4号
     電話::052-566-1101(代表)


【関連イベント】
作者マーカス・フィスターさんのサイン会
 日時:8月16日(水)11:00〜(先着80名)、14:00〜(先着50名)
 サイン会当日10:00より「にじいろのさかな」スペシャルショップにて整理券を配布。整理券と、スペシャルショップにてフィスターさんの書籍をお買い上げ頂いたレシートをお持ちの方に、サインをいたします。
*整理券はお一人様1枚限り。
*サインをする書籍は、スペシャルショップでお買い上げ頂いたものに限ります。
*時間・人数は予告なく変更する場合があります、ご了承ください。


参考:
http://www.jr-takashimaya.co.jp/
・ツリー全体表示

【1128】小宮由さん講演会@青山
 イベント情報管理人  - 17/8/9(水) 14:12 -

引用なし
パスワード
  
クレヨンハウス
 小宮由さん
 「このよろこびをあのこに」

 クレヨンハウス「子どもの本の学校2017」8月の会の講師は、翻訳家の小宮由さんです。

日 時:2017年8月19日(土)
    15:30開場(会員が優先入場)
    16:00〜17:30
場 所:クレヨンハウス東京店B1レストラン「広場」
   東京都港区北青山3-8-15
定 員:100名(全席自由)

参加費:
 年間会員 23,000円(入会金500円含む)
  *26期会員の方は入会金500円免除
  *年間での聴講が割安でおすすめです。

 聴講生(当日券)2,500円(毎講座の講演終了時より、次回の講座の当日券の予約受付、チケット販売を開始します)
  *ただいま予約受付中。定数に達し次第受付終了となりますので、どうぞお早めにお申し込みください。
  *当日券のチケット受付番号は、予約申込順ではなく、チケットの精算順です。


問合せ:クレヨンハウス東京店 子どもの本売り場(03-3406-6492)

参 考
http://www.crayonhouse.co.jp/shop/pages/gakko17.aspx
・ツリー全体表示

【1127】エリック・カール展@京都
 イベント情報管理人  - 17/7/27(木) 17:45 -

引用なし
パスワード
  
美術館「えき」KYOTO

 エリック・カール展

 ぽん!とたまごからちっぽけなあおむしがうまれてから、およそ50年がたちました。
 いまも世界のどこかで、子どもが初めてこのあおむしと出会っていることでしょう。
 アメリカを代表する絵本作家エリック・カールは、小さなあおむしとともに長く豊かな道を歩んできました。本展では、いまなお輝きを失わないエリック・カールの世界を約130点の原画・作品で振り返ります。カールに出会ったばかりの子どもたち、親として再会を果たしたおとなたち、カールと出会うすべての人々に色彩豊かなその世界が開かれることでしょう。

会 期:2017年7月29日 (土)〜8月27 日(日)
    *会期中無休
会 場:美術館「えき」KYOTO
    京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 ジェイアール京都伊勢丹7階
    電話075-352-1111(大代表)
時 間:10:00〜20:00(入館は19:30まで)
入館料:一般 800円(600円)、大学生・高校生 600円(400円)、
    中学生・小学生400円(200円)、小学生未満無料
    ※( )内は前売および、「障害者手帳」をご提示いただいたご本人とご同伴者1名さまの料金。
    ※エムアイカード、JR西日本グループ会社カード(一部除く)をお持ちの方、ICOCA、Suica、PASMO、TOICA、manaka、SUGOCA、はやかけん、nimoca、Kitacaでお買いあげの方、10名さま以上の団体は100円引き。
    

参 考:http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/index.html
・ツリー全体表示

【1126】絵本のひきだし 林明子原画展@広島
 イベント情報管理人  - 17/7/25(火) 21:26 -

引用なし
パスワード
  
ひろしま美術館
 絵本のひきだし 林明子原画展

 絵本作家・林明子さんが1976年に初めて手がけた物語絵本『はじめてのおつかい』が誕生して40年が経ちました。子どもたちが見せるほんのわずかな心の揺らぎやあどけないしぐさまでも的確に捉え、映画のような画面展開で読者を物語に引き込んでいく林さんの作品は、世代を超えて多くの人に愛されています。
 本展では、林さんの代表作『はじめてのおつかい』『こんとあき』から最新作『ひよこさん』までの絵本原画のほか、林さんがイラストレーターとして活動していた時の貴重な作品など、約200点の原画や資料を展示します。


会 期:2017年7月15日(土)〜 2017年8月27日(日)
    ※会期中無休
会 場:ひろしま美術館
    広島市中区基町3-2)
時 間:9:00〜17:00/金曜は〜19:00(入館は閉館の30分前まで)
観覧料:一般:1,200(1,000)円、高大生:900(700)円、小中学生:500(300)円
    ※( )内は、団体(20人以上)の料金です。
    ※当展覧会とコレクション展は共通のチケットとなります。コレクション展のみのチケットは販売しておりません。
    ※障がい者手帳をご持参の方は、ご本人と同伴者1名が無料になります。
    ※65歳以上の方は一般当日料金の団体割引が適用されます。当日受付に年齢確認のできるものをご提示ください。

http://www.hiroshima-museum.jp/index.html
・ツリー全体表示

【1125】おさるのジョージ展@銀座
 イベント情報管理人  - 17/7/22(土) 10:10 -

引用なし
パスワード
  
松屋銀座

 おさるのジョージ展 「ひとまねこざる」からアニメーションまで

 絵本「ひとまねこざる」シリーズは、アメリカの絵本作家マーガレット・レイとハンス・レイの夫妻によって生みだされ、1941年に「Curious George」というタイトルで発刊されました。日本では1954年に出版されて以来、多くの人々に愛されてきました。2008年にNHKEテレでTVアニメーションシリーズがスタートすると、アニメ版のジョージがさらに多くの子どもたちから支持を得るようになります。
 本展では、日本初公開となる約200点の絵本原画や制作のためのスケッチを中心に、レイ夫妻の制作にまつわる様々な資料などを展観するとともに、アニメ版の絵コンテや設定画、映像などを加え「絵本版クラッシックジョージ」と「アニメーション版ジョージ」の魅力をご紹介いたします。

会 期:2017年8月9日(水)〜8月21日(月)
    ※会期中無休
時 間:10:00〜20:00
    ※入場は閉場の30分前まで。最終日は17:00閉場
会 場:松屋銀座8階イベントスクエア
    東京都中央区銀座3-6-1
入場料:一般1,000(700)円、高校生700(500)円、中学生500(400)円、小学生300円
    ※カッコ内は前売り料金

参考:
http://www.matsuya.com/
・ツリー全体表示

【1124】アフリカの絵本ってどんなの?@名古屋
 イベント情報管理人  - 17/7/21(金) 16:31 -

引用なし
パスワード
  
なごや地球ひろば

 絵本展「アフリカの絵本ってどんなの?」

 ベナン、ブルキナファソ、コートジボワール、セネガルなど西アフリカ諸国で出版された絵本81冊を展示します。ガラス絵、アップリケ刺繍など、鮮やかな挿絵とともにお楽しみください。一冊ごとに解説もついています。
 フランスの植民地だったこれらの国では、今も公用語がフランス語です。そのため絵本の多くもフランス語で書かれています。より詳しく内容を知っていただくため、日本語訳の読み聞かせ、解説を行います。

開催日:2017年8月19日(土)・20日(日)
時 間:10:00〜17:00
会 場:なごや地球ひろば セミナールームB
    愛知県名古屋市中村区平池町4丁目60-7
    電話052-533-0220
観覧料:無料


読み聞かせ・解説会
  各日の11:00〜12:00、14:00〜15:00(無料・予約不要)
  講師:村田はるせ(アフリカ文学研究者)


問い合わせ先:
 デフォー子どもの本の古本屋 defoe@dragon.zaq.jp

参考:
https://www.jica.go.jp/nagoya-hiroba/news/event/
・ツリー全体表示

【1123】世界をつなぐ子どもの本@上野
 イベント情報管理人  - 17/7/21(金) 16:29 -

引用なし
パスワード
  
国立国会図書館国際子ども図書館

 世界をつなぐ子どもの本
  ――2016年国際アンデルセン賞・IBBYオナーリスト図書展

 子どもの本の「小さなノーベル賞」とも言われる国際アンデルセン賞は、2年に一度、児童文学の分野で卓越した業績をあげた現存の作家と画家に贈られています。2016年は曹文軒さん(中国)が作家賞を、ロートラウト・ズザンネ・ベルナーさん(ドイツ)が画家賞を受賞しました。
 また、IBBYオナーリストとは、IBBYの各国支部が、自国で新しく出版された児童書の中から、外国に紹介したい作品を選び、隔年で作成する推薦図書リストです。
 この展示会では、2016年の国際アンデルセン賞受賞者のこれまでの諸作品、IBBYオナーリスト(優良作品)の推薦作品とその邦訳書、あわせて約200冊を手に取ってご覧いただけます。

会 期:2017年8月1日(火)〜8月20日(日)
時 間: 9:30〜17:00
会 場:国立国会図書館国際子ども図書館 レンガ棟3階 本のミュージアム
    東京都台東区上野公園12-49
    TEL:03-3827-2053
休館日:8月7日(月)、11日(金)、14日(月)、16日(水)
入館料:無料

参 考:http://www.kodomo.go.jp/event/exhibition/tenji2017-02.html
・ツリー全体表示

1 / 57 ページ 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:  
17943
(SS)C-BOARD Legacy v0.95.06 beta
ぞんちブラの設定
サーバ:www.yamaneko.org
cgiディレクトリ:/cgi-bin/sc-board/
ZS_ID:event