やまねこ翻訳クラブ 児童書関連イベント情報掲示板
この掲示板は、閲覧専用です。
一般のかたの書き込みはできません。

★掲載しているイベントは、諸事情により延期・中止等の場合があります。残席状況を含め、最新の情報は各参考ウェブサイトでご確認ください。★
56 / 1910 ツリー ←次へ | 前へ→

【1862】アメリカ絵本の魅力@軽井沢 イベント情報管理人 23/9/25(月) 17:19

【1862】アメリカ絵本の魅力@軽井沢
 イベント情報管理人  - 23/9/25(月) 17:19 -

引用なし
パスワード
  
軽井沢絵本の森美術館

 アメリカ絵本の魅力

 モーリス・センダック『かいじゅうたちのいるところ』(1963 年)やバージニア・リーバートン『ちいさいおうち』(1942 年)など、数々の名作を輩出したアメリカ絵本。アメリカの絵本には、読み手の好奇心を誘う「冒険心」や、かつてのアメリカの素朴な情景を描く「郷愁」といった魅力が見られます。1938 年には、もっとも優れた絵本に与えられる「コールデコット賞」が創設されました。戦後のアメリカ絵本の歴史は、主にこの賞とともに語ることができます。
 本展では、ドナルド・クリューズ『はしれ!かもつたちのぎょうれつ』(1978 年)、マーシャ・ブラウン『影ぼっこ』(1982 年)、アリス&マーティン・プロヴェンセン『パパの大飛行』(1983 年)といった受賞作の原画を中心に、戦後以降のアメリカ絵本の黄金時代に迫ります。合わせて、コールデコット賞の由来となる「現代絵本の父」ランドルフ・コールデコットの絵本の魅力にふれます。
 また、ミニ特集として、アメリカ児童文学を代表するファンタジー『オズの魔法使い』シリーズをご紹介。本作登場のキャラクター「かぼちゃのジャック」と絡めたフォトスポットが登場します。

会 期:2023年10月13日(金)〜2024年1月8日(月)
時 間:【10月】9:30〜17:00
    【11月〜1月】10:00〜16:00 ※最終入館は閉館の30分前
会 場:軽井沢絵本の森美術館(ムーゼの森)
    長野県佐久郡軽井沢町長倉182(塩沢)
    電話 0267-48-3340
休館日:【10月・11月】火曜日
    【12月】火〜金曜日 ※12/27(水)〜12/31(日)は開館
    【1月】1/1(月)、1/4(木)〜1/5(金) ※1/9(火)〜3/8(金)までは冬期休館
観覧料:大人 950円、中高生 600円、小学生 450円、小学生未満無料
    *エルツおもちゃ博物館・軽井沢との2館共通セット券あり
    *小学生以下のご入館には保護者の同伴が必要です
    *障がい者割引あり

参 考:https://museen.org/ehon

56 / 1910 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:  
33543
(SS)C-BOARD Legacy v0.95.06 beta
ぞんちブラの設定
サーバ:www.yamaneko.org
cgiディレクトリ:/cgi-bin/sc-board/
ZS_ID:event